鍋物を作る食材の中でもよくある白菜をよく見ますと

たいていが水分で作られています。けれど、栄養はどうかといえばビタミンやミネラルなどの元気でいるために大事な成分がちょうどよいかたちで閉じ込められています。普段のものとして日本で使われるようになったのは明治時代を過ぎてからですが、中国などの国では白菜という野菜は料理するときに欠かせないものだとよく聞きます。量がありすぎて使い切ることが難しいと、白菜を買おうと思うと切ってあるものを選ぶ人は少なくありません。ですが、切ってしまうと切った部分から傷んできて作れなくなってしまうこともよくあることですから、お店ではまるごとを手に入れて欲しいだけの分を丁寧にはがすようにして使っていくなら、長く味を落とすことなく使っていくことが可能になります。1つの白菜の中には硬い部分と柔らかい部分があり、一つ一つが食べごろになるまでの時間は違います。芯の入った白いところは火が通るまでにまたなくてはいけないため、使う場合には芯のある部分から入れて、ずいぶん柔らかに変わってから外側の葉を入れるように気をつけると、どこももっとも美味しく食べることが出来てお試しください。考えて作りましょう。
http://www.jaz-sem.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です