大きな車やバスの後ろは視界も悪いですし、進みが遅いので

好きでない方は大勢いますが、渋滞の場合は大きな車の後ろのほうがどの車線がいいか見つけられます。大型車は大きい分だけ運転席が上にあるために、渋滞の始まりを探すことが可能です。流れが良い車線があれば、他の車を抜いて前に行けることが多いですから渋滞に巻き込まれません。高速道路の途中に何区間かごとに何ヶ所か作られているサービスエリアは、おりるときだけでなく渋滞から逃げるときに使うと助かることが多いです。車から出て休む気がなかったとしても、たまにはサービスエリアに出て、何もせずに出て行くだけでも車を最高で30台ぐらいは抜いて前に出れますから、ずいぶん時間短縮ができます。渋滞に入ると焦ってしまって、車と車の間を詰めてしまう方は多いです。でも、無駄に前の車との間が詰まれば渋滞をひどくする原因となりますし、ことあるごとにブレーキを踏むために燃費が変わってきます。割り込まれたくなくてできるだけ車間距離を縮めたい方は多いですが、事故を起こさないために車間距離はしっかりとって安全に進みましょう。
http://xn--eckr4nmbzet726c8ba.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です